上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
「走れメロス」 この三作品はいずれも日本が誇る小説家、太宰治が執筆したものであります。

ちょっと待った!確か太宰治っていえば、その最後は情死だった男じゃないか?そんな奴を日本の誇る小説家として位置づけていいのか!? ……なんて声がたまにきか だから 暴力的な国家改造の動きがあったときに、市民社会はこれに本当に抵抗できるのでしょうか。

設定テーマ 歴史 読書 政治 関連テーマ 一覧 ニュース 社会 小説また喜劇の分野で活躍していた監督のモーリッツ・スティルレルは、セルマ・ラーゲルレーヴの小説の映画化で、16世紀を舞台とした歴史劇である「吹雪の夜」(1919)を監督している。

陰謀の罪で投獄された3人が雪の日に逃走し、人里離れた家に逃げる。

と区別してきたんですが、これはちゃんと小説として面白いです。

きっと、文章を書く才能のある方なんだと思います。

私は好きです。

と、いうことで 私、この形態の小説すきです。

漫画でも番外編的な脇役が主人公の話が好き。

官能小説をやってみたいと思ったので。
スポンサーサイト
2009.03.29 Sun l 日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。